スポーツ

日本におけるサッカーの始まり

日本におけるサッカーの始まり

サッカーは日本で人気を集めているスポーツの1つです。最近では日本代表チームも力をつけてきており、ワールドカップでも決勝トーナメントに進むなど活躍が目立ってきていますよね。このような活躍に伴い、オンラインブックメーカーでのサッカー 賭けも人気を集めています。

では、日本ではどのようにサッカーが始まったのでしょうか。この記事では、日本国内におけるサッカーの歴史を振り返ります。

サッカーの始まり

サッカーは、足と頭を使ってボールを操り、相手ゴールにボールを入れて得点を競う球技で、今や世界のあらゆる国や地域で親しまれている世界的なスポーツです。現在では、世界のあらゆる国や地域で親しまれ、世界で最も人気のあるスポーツの一つとなっています。国際サッカー連盟(FIFA)は、200以上の国や地域が加盟する大きな組織として知られています。日本やアメリカなどでは「サッカー」という呼び名が一般的だが、世界的には「フットボール」という言葉が使われています。

サッカーの歴史は非常に古く起源には諸説あり、さまざまな地域でさまざまなルールで発展してきました。一般的には、現代サッカーの発祥はイギリスと言われており、サッカーの大きな特徴である「ノーハンド」のルールは、19世紀頃にイギリスのロンドンで開かれた会議で初めて規定されたと言われています。

ワールドカップの存在

1863年に英国サッカー協会が設立され、1904年に国際サッカー連盟(FIFA)が設立されました。その後、1908年のロンドン大会からオリンピックの正式種目として採用されるようになります。第1回ワールドカップは、1930年にウルグアイで開催され、初代チャンピオンは開催国のウルグアイとなりました。現在、ワールドカップは、参加国・地域数で世界最大のスポーツイベントと言われています。

日本におけるサッカーの歴史

日本におけるサッカーの歴史は、1873年に伝来したサッカーに始まります。1921年に大日本サッカー協会が設立され、1929年に国際サッカー連盟(FIFA)に加盟。しかし、第二次世界大戦により脱退した後、1950年に日本サッカー協会として再加盟しました。

1965年に日本サッカーリーグ(JSL)が開幕。その後、1974年に財団法人日本サッカー協会となり、名称も「日本サッカー協会」に変更されます。

その後、1964年の東京オリンピックに初出場し、強豪アルゼンチンを3-2で下して8強入りしたほか、1968年のメキシコ大会でも銅メダルを獲得しています。

1991年には日本プロサッカーリーグが設立され、1993年にはJリーグ(日本プロサッカーリーグ)が発足。日本が社会的に大きな存在となり、現在に至るまでその人気はかなり高まっています。

-スポーツ